amazonでおトクにお買い物する方法

【レビュー】コンパクトな電動コーヒーグラインダーはラッセルホブスで決まり!

インテリア
この記事の内容

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPのレビュー記事です。

結論を言うと『狭いキッチン』で悩むマンション・アパート暮らしの人におすすめの商品でした。

その理由を多くの写真と合わせて紹介します

挽きたてコーヒーを楽しめる

都会のキッチンはせまい・・・

富山から東京に引っ越して困ったのが、キッチン家電の置き場所。キッチン収納が半分になりました。

あーさん
あーさん

「電子レンジ」と「炊飯器」しかおけない(泣)

sutasuta
sutasuta

泣く泣くボダムのコーヒーグラインダーは廃棄処分

しかし諦めたはずのコーヒーグラインダーがまたメッチャ欲しくなってしまいました。

その原因は在宅勤務

ONとOFFの切り替えが難しい自宅では、休憩中に淹れるコーヒーは香りの効果もあいまって、リラックスにうってつけなんですよね。

ドリップする時間もリラックスに最適

せっかくなら香りをもっと楽しみたい・・・

ということで、置き場所に困らないコンパクトな電動コーヒーグラインダー『ラッセルホブス 7660JP』を購入しちゃいました。

結果はもちろん大満足!

いつでも挽きたてコーヒーが飲める贅沢な暮らしが、5000円以下の値段で手に入はいります

sutasuta
sutasuta

数あるコンパクト電動コーヒーグラインダーがある中、ラッセルホブスをおすすめする理由を紹介します。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPとは

価格5000円+税
サイズW12.5×D12.5×H21.5㎝
重量1.1㎏(本体)
最大容量60g
種類プロペラ式
粒度極細挽きには非対応

ラッセルホブスは1952年にイギリスでうまれたキッチン家電ブランド。「品質」「デザイン」「技術力」三拍子そろった名門です。

日本では、特に電気ケトルが有名。

そんなラッセルホブス コーヒーグラインダー7660JP最大の特徴は「ボウルを取り外せること」です。

グラインディングボウルが取り外しが可能
sutasuta
sutasuta

ボウルを取り外せるから、挽いた豆をフィルターに移すときに、わざわざ本体ごと傾ける必要がない

ボウルを外せるので、粉を移すのが簡単

私がラッセルホブス7660JPを選んだのはこの特徴だけではありません。

我が家の狭いキッチンのお宅にピッタリな特徴が3つあったからです。

その3つの特徴をご紹介します。

ラッセルホブスを選んだ3つの理由

コンパクトな電動ミルはラッセルホブスだけではありません。むしろ他のメーカーに比べてちょっとお高め

しかし、それを差し引いてもラッセルホブスを選んだ理由は以下の3つです。

3つの理由
  • 出しっぱなしでもOKなデザイン
  • フレキシブルな収納性
  • 清掃が簡単
sutasuta
sutasuta

ちょっと細かく説明します。

仕舞わなくてもいいデザイン

ラッセルホブスのグラインダー7660JPは男女ともにおすすめのデザイン

ラッセルホブス7660JPは可愛らしいフォルムでありつつ、ステンレス製のボディがクールな印象も兼ね備え、洗練されたデザインになっています。

これは仕舞わなくても見栄えする。むしろ片付けずに見せびらかしたいレベル。

あーさん
あーさん

スタバでも販売されてるよ。

コーヒー関連の商品は男性向けのデザインが多いのですが、ラッセルホブスは女性も好きなデザインなので、パートナーと揉めることもありません。。

私は奥さんに相談せずに買っちゃいましたが、やっぱり気に入ってくれました(;^ω^)

あーさん
あーさん

カワイイものは使ってるだけでウキウキする♪

分解できるので、収納がしやすい

以前持っていたボダムのコーヒーグラインダーより二回りは小さい
以前持っていたボダムのコーヒーグラインダーより二回りは小さい

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPのサイズは上の写真の通り

sutasuta
sutasuta

身近なもので例えると、トイレットペーパー2個分です。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPのサイズ感。トイレットペーパー2ロール分

しかし実は他メーカー品よりもサイズは大きめ

ですが、むしろラッセルホブスのほうが収納しやすいんです。

その理由は本体・フタ・ボウルが分解できるから。バラバラにすれば、どんな場所でも柔軟に収納できます

私の場合は、「コーヒー道具一式」としてカゴにまとめています。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダーは分解できるので、収納もしやすい
ドリッパー・フィルター・サーバー・ケトル・グラインダーをひとまとめ
あーさん
あーさん

コーヒーを淹れる時も、カゴごと取り出せばいいから楽チン♪

sutasuta
sutasuta

見せてもヨシ、仕舞ってもヨシ!便利なグラインダーだよね

いつもピカピカ。清掃が簡単、手間いらず

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPは『プロペラ式』という粉砕方式の商品です。

この方式のデメリットが「微粉が飛び散る」こと。

もちろん蓋があるので、周囲に飛び散るわけではないのですが、蓋やボウルには静電気でコーヒー豆の微粉がこびりついてしまいます。

しかしラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPは下記の特徴があるため、お掃除も簡単です。

清掃が簡単な理由
  • 蓋を取り外しが可能
  • 蓋は水洗い可能
  • ボウルが取り外しできる

静電気でコーヒー豆の微粉がこびりつきやすいふたは水洗い可能です。

しかしグラインディングボウルは水洗い禁止なので、ご注意を。

ブレードが錆びちゃうよ!

グラインディングボウルに付着した微粉はペーパータオルでサッとふき取るのがおすすめ。

(清掃用ブラシも付属されていましたがが、使い勝手が悪かったので私は使っていません)

1分あれば清掃完了!

あーさん
あーさん

後片付けを心配しなくてよいので、気兼ねなく挽き立てコーヒーを楽しめます

ここまでのまとめ
  1. デザイン
    片付けずに、見せても映えるデザイン
  2. コンパクト
    小さいうえに分解できるので、どんなお宅でも収納に困らない
  3. 高い清掃性
    微粉がこびりついても、1分で清掃完了できる

使用感の評価

ここでは「使い方」「使ってみた感想」「気になった点」を紹介したいと思います。

  • 使い方・手順
  • 作動音
  • 粉のバラつき
  • メンテンナンス

使い方

ラッセルホブス7660JPの使用手順
  • step1
    グライディングボウルを本体にセッティング
    • ボウルを本体に置き、時計回りに回す
    • カチッと音がするまで回す
  • step2
    グライディングボウルに豆を投入

    豆の状態だと、粉の状態よりもすき間があるので、摺り切りいっぱいではなく、すこしこんもりとするくらいでちょうどよい

  • step3
    蓋(カバー)を装着

    蓋はかぶせるだけ

  • step4
    蓋(カバー)のボタンを押す

    蓋の上にボタンがあるので、これを押します。

    蓋がないとボタンを押せない=ブレードは回転しないので、ケガをする心配もありません。

  • step5
    好みの粒度になるまでボタンを押し続ける
    挽き加減作動時間淹れ方
    粗挽き約7秒金属フィルターなど
    中挽き約10秒サイフォン
    ネルドリップ
    フレンチプレス
    中細挽き約10~13秒ペーパードリップ
    細挽き20秒以上水だし
    極細挽きエスプレッソ

    押した分だけ回転するので、粒の大きさが毎回ばらつくのがデメリット

  • step6
    グライディングボウルを取り外し、フィルターに挽いた豆を移す

    ボウルを取り外せるので、こぼさずにフィルターに粉を移すことができます。

    ここも『清掃性が高い』ポイント

  • step7
    あとは至高の時間を楽しむ

    コーヒーは飲む時間よりも、入れる時間が楽しい(^◇^)

作動音

作動時の音を騒音アプリで計測

豆を挽いてる時はかなりの爆音

ブレード型なので仕方ないのですが、以前持っていたボダムのコニカル式のものと比べるとかなり大きく感じます。

sutasuta
sutasuta

体感的に1m先でセミが鳴いているくらいの爆音です。

しかしペーパードリップの場合、作動時間は10秒程度。夜でなければ問題ありません

※夜にカフェインは睡眠の質も悪くなるから控えよう(自戒)

粒度のばらつき

ドリッパー・フィルター・サーバー・ケトル・グラインダーをひとまとめ

お店で挽いてもらった粉と、ラッセルホブス7660JPで挽いた豆を比べてみました。

もう比べるまでもないのですが、粒の大きさのバラつきが全く違いました。

sutasuta
sutasuta

こればかりは「プロペラ式」である以上、仕方がないですね。

それでもお店で挽いてもらって数日経過したものより、粒の大きさバラつきがあっても挽きたてのコーヒー豆のほうが香りが良いので、私は満足しています。

メンテナンス

使用していて心配になったのが、

  • ブレードが錆びたら・・・
  • カバーを落として壊しちゃったら・・・

という点。

部品だけ交換できるか調べてみたところ、ラッセルホブスの公式HPに消耗品部材としてパーツだけでの購入が可能でした。

  • グラインディングボウル 2200円
  • 掃除用ブラシ 550円
  • カバー1320円

>>ラッセルホブス 消耗品 ページ

sutasuta
sutasuta

パーツ買いなので割高なのは仕方がない。商品まるごと買いなおす必要がないのはありがたいです。

評判と口コミ

他コンパクト電動グラインダーとの比較

同じグレードの「プロペラ式」のコーヒーグラインダーと比較してみました。

ブランドカリタメリタラッセルホブス
品番CM-50ECG64-1L7660JP
イメージ
価格5500円オープン価格5400円
実勢価格〇:2000円〇:3018円△:3720円
サイズ〇:99×82×178〇:98×98×183△:125×125×215
重さ〇:750g〇:750g△:1100g
カッタープロペラ式プロペラ式プロペラ式
能力中挽き50g/15秒40g/15秒60g/10秒
最大50g70g60g
清掃ブラシ有り有り(立派)有り

日本の2大ブランド「カリタ」と「メリタ」と比較しました。

上の表のままだとわかりにくいと思うので、ざっくりと評価をまとめます。

カリタメリタラッセルホブス
価格〇:安い〇:安い△:高め
サイズ〇:小さい〇:小さい〇:大きいが分解できる
清掃性✕:悪い✕:悪い〇:良い
ドリッパーへの粉の移動✕:大変✕:大変〇:ラク
✕:うるさい✕:うるさい✕:うるさい
粒のバラつき✕:悪い✕:悪い✕:悪い

上記の通り、価格・サイズが最優先の方はカリタ or メリタ清掃性、収納のしやすさならラッセルホブスという感じでしょうか。

sutasuta
sutasuta

カリタやメリタも評価の高い商品なのですが「清掃性の悪さ」「ドリッパーに粉を移しにくい」「静電気」について、不満に思うユーザーが一定数いるようです。

作動音、粉のバラつきは「プロペラ式」である以上は避けられない。気になる人はグレードを上げて「コニカル式」を購入するのが無難かと思います。

まとめ

ラッセルホブスがおすすめな人
  • キッチンが狭くて収納に困っている
  • デザインにこだわりがある
  • メンテナンスが楽なものが良い
ラッセルホブスをおすすめしない人
  • コスト優先
  • 音がうるさいのは困る
  • 粒の大きさのバラつきが気になる

ラッセルホブスの7660JPをまとめてみましたが、個人的に2020上半期買って良かったものランキングでベスト3に入る良い買い物でした。

sutasuta
sutasuta

それではみなさんも良いコーヒーライフを

Amazonでちょっとお得にお買い物
amazonでお買い物する人は【ギフト券チャージ】がおすすめ。 ちょっとひと手間かけるだけで、最大2.5%のポイントを入手することができちゃいます。 やった人だけが得をする。 みんなでお得にお買い物しちゃいましょ。
インテリア
スポンサーリンク
スタスタNOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました