今だけ!amazonで1000ポイントゲットしよう

【グンゼtheGUNZEレビュー】綿を超えた綿。着心地が軽快なインナー

sutasuta

汗とワキガに悩む30代サラリーマンsutasutaすたすたです。最近は加齢臭も追加され、困っています。

巷ではユニクロのエアリズムが人気ですが、化繊素材は着ていると臭いが気になる人も多いのでは?

私もその一人。ワキのオイニ―がツイキーです。

そのため湿気を吸って蒸れを軽減してくれる綿のインナーを愛用しています。

しかし、綿のインナーを使用する前は・・・

sutasuta

綿のインナーは夏は暑くて着てられない!

と考えていました。

しかし、いくら洗濯しても臭くなってしまう化繊かせん素材とお別れすべく、amazonというジャングルを探検して見つけてきました。

夏でも快適に着れる綿100%のインナー。

グンゼが発売するthe GUNZEです。

下着専門メーカーとして70年の歴史を持つグンゼ。

その社名を冠するthe GUNZEという商品には、同社の技術の粋を集めて開発したという「ネクストラコットン」という綿の性能を高めた素材を使用しているらしいです。

この辺とサイズ感などを含めて詳しくレビューしていきたいと思います。

sutasuta

ゆったりとした着心地に加え、蒸れない×臭わない×長持ちと3拍子そろった名品でした

クリックできる目次

The GUNZEシリーズとは

グンゼ社のブランド

下着専門メーカーのグンゼにはいくつかのシリーズがあります。簡単に各シリーズの特徴とスタンダードな半袖Vネックの価格を紹介します。

SEEK(シーク)

快適・着心地・デザインを究めた最上位シリーズ

ストレスの無い縫製に加えて、高級素材のキュプラも練りこまれている。

【価格】2,800円/着

YG(ワイジー)

グンゼの主力商品。着圧を一定にした「アルゴフォルムカット」を採用し、着心地にこだわったシリーズ

様々な素材(綿100%、吸湿速乾、吸汗発熱など)を選べ、自分が求める機能を選べる豊富な品揃えが魅力。

【価格】1,300円/着

the GUNZE(ザ・グンゼ)

自社の名前を冠し、技術の粋を集めて改良した綿100%シリーズ

コットンの良さはそのままに、綿そのものの性能をさらに高めた「ネクストラコットン」を使用した商品。

【価格】1,100円/着

快適工房(かいてきこうぼう)

もっとも安価でスタンダードなシリーズ。

綿100%素材で低価格。着心地などの機能も必要十分で、安心・安全な商品

【価格】950円/着


今回紹介するのは3つ目の「the GUNZE」シリーズ。その中のSTANDARDスタンダードというタイプです。

sutasuta

それにしても「ネクストラコットン」ってなんだろう?

the GUNZEのネクストラコットンとは?

グンゼの公式HP上にはネクストラコットンについて、下記のように書かれています。

コットンのよさはそのままに、綿そのものの性能をさらに高め
これまでのものとは一線を画した、新しい着用感と快適性を実現。
その新しいコットンから「the GUNZE」は誕生しました。

グンゼ公式HPより
sutasuta

綿そのものの性能を高めたって、具体的にどんなことしたんだろう?

どのような性能が向上したのかを箇条書きにまとめると・・・

ネクストラコットンのすごいところ
  • 従来の綿より汚れが落ちやすい
  • 従来の綿よりも蒸れにくい
  • 蒸れにくいから、ニオイにくい
  • 従来の綿より 型崩れしにくい
sutasuta

私の求めていた「消臭効果」と「耐久性」が期待できるんですね。

the Gunzeの素材

敏感肌の人も安心な肌触り

グンゼのTheGUNZEのネクストラコットンのアップ画像

the GUNZE生地は軽く・柔らかく・滑らかな肌触り

sutasuta

これで自然素材だと言うのだから、化繊が苦手な敏感肌の人にも安心ですね

また生地の肌触りだけでなく、首元のタグはプリント仕様になっていたり、脇に縫い目がないなど、ストレスフリーの着心地にこだわって作られていることがわかります。

グンゼthe GUNZE Vネックシャツはタグもプリントなので、チクチク感が少ない
首元にタグは無く、プリントになっている
サイドには縫い目が無い

伸縮性

下着では、縦方向の伸びはほとんどなく、横方向にはゴムのように伸び縮みするフライス編みが採用されることが一般的です。

the GUNZEももちろんフライス編み。

そのためタイトめなサイズを選んでも、締め付け感はそこまでではありません。ほどよく身体にフィットしてくれます。

生地の厚さ

着心地を比較するために、グンゼ以外にも下着メーカーとして有名なB.V.DビーヴイディーGOLDという商品とHanesヘインズビズ魂というインナーも購入しました。

全てMサイズで大きさもだいたい同じくらいなので、重量が重いほど生地も厚いと言えます。

sutasuta

3社の商品の重さ(生地の厚さ)を比較してみたいと思います。

計測の結果は以下の通り

B.V.D(121g)>グンゼ(101g)>Hanes(94g)

(ビズ魂は綿100%ではないので、単純比較してはいけないかも(;’∀’))

生地の厚さは好みがあると思うので、どちらが優れているというのは一概には言えませんが、

汗をしっかりと吸ってほしい人はB.V.D

着心地と吸水性のバランス重視の人はグンゼ

という選択がおすすめですね

sutasuta

エアリズムのような軽い着心地感が好きな人はグンゼがおススメです!

あわせて読みたい 【B.V.D GOLDレビュー】厚手の綿が汗をしっかり吸収。愛され続ける男のインナー

あわせて読みたい 【Hanesビズ魂レビュー】綿ポリエステル混紡インナーの臭いと着心地

洗い方・洗濯ラベル

the GUNZEの洗い方。洗濯ラベル
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯出来る
  • 塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる
  • 低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60℃)
  • アイロン仕上げ禁止

参考にしたサイト Panasonic [新・洗濯表示の正しい意味は?]

the Gunzeのサイズ感

上の写真の下着はすべてMサイズ。それぞれの寸法を計測すると下記の通り。

商品名the GUNZEB.V.D GOLDHanes ビズ魂
肩幅40cm37cm35cm
身幅44cm39cm42cm
着丈69cm72cm70.5cm

他2社に比べてグンゼは横に広く、縦にすこし短いことが分かります。

グンゼthe GUNZE VネックシャツMサイズのサイズ感。正面から撮影。着用者は身長171㎝68kg。

身長171㎝ 体重68kgのチョイメタボ体型の私ですがMサイズでも締め付けは少なく、ゆったりとしたシルエット

Vネックの首元も幅広の作りなので、首元が窮屈に感じることはなさそうです。

生地は少し薄めで柔らかくて肌触りも良いので着心地も良好。それでいて、しっかりとしたコシも感じる絶妙なバランスです。

グンゼthe GUNZE VネックシャツMサイズのサイズ感。横から撮影。着用者は身長171㎝68kg。

すその丈は胴長の私のお尻が半分隠れる程度の長さ。そんな私でも前に屈んでも、背中が出るような心配はありません。

グンゼthe GUNZE VネックシャツMサイズのサイズ感。腕を上げるとワキがみえる

全体的にゆったりとしている分、そでぐちの部分も少しゆったりめ。

そのため夏場に半袖シャツを着た時に、腕を上げるとワキが見えてしまうかも。

the Gunzeの吸水性と速乾性

初めてthe GUNZEを手にしてみた時は、

sutasuta

生地が薄めだから吸汗量が心配だな・・・綿だから乾きにくくて逆に不快になる気もする・・・

しかしこれは、完全に無駄な心配でした。

汗は吸うし、肌に貼りつかないし、乾く速度も速い。

真夏の炎天下の下で大量に汗をかく場合であれば速乾性のある素材を選ぶべきですが、そうでなければ肌触りもよく、蒸れも少ないthe GUNZEのネクストラコットンはやっぱりいいですね。

the Gunzeの防臭効果

sutasuta

the GUNZEで最も綿100%効果を実感できたのは防臭効果!

ゴールドウィンがJAXAと共同開発したMXPという最新テクノロジーの消臭機能付きインナーも持っていますが、the GUNZEもこれには及ばないまでも臭いを半減できているのが実感できます。

参照 【MXPファインドライ】宇宙へ行った最強の消臭インナー

化繊のインナーを着ている場合は、出社した時点ですでにワキの臭いがし始めてしまっているのですが、the GUNZEを着ている日は夕方まで臭わずにいられます。

帰宅するころにはさすがに、臭い始めてしまっていますが、会社に居る間ずっと防臭効果が続くのはメチャクチャありがたい!

sutasuta

インナー自体に臭いが残らないのも綿100%のいい所です!

the Gunzeの耐久性

黄ばみ難さ

the GUNZEを50回ほど着用後の黄ばみ

50回ほど着用した物と新品未使用のthe GUNZEを並べてみました。

少しだけ色がくすんでいますが、気にならないレベル。

the GUNZEを50回着用した後のワキの黄ばみ

体臭持ちの私でも、ワキの黄ばみはありませんでした。

sutasuta

黄ばみに関しては、気にならないレベル。それどころか大満足な結果でした。

型くずれ

新品未使用の物と50回着用したthe GUNZEを重ねてみました。

綿100%なのでしょうがないですが、丈も身頃すこし縮んでいました。

裾はもともと長めに作られているので、問題なし。身頃は少し縮むことを考慮して購入したいですね。

theGUNZEを50回着用したあとの襟の写真

ヨレてると一番みすぼらしさが目立ってしまう襟ですが、ほとんどヨレていません。

裾はちょっと寄れていますが、基本はパンツの中に入れていて見えないのでOK。

the GUNZEの口コミ

sutasuta

私もグンゼが好きになりました。次ぎはパンツも買います!

ゆったりと着たい人はThe Gunzeを選ぼう!

肌触り
(4.5 / 5.0)
柔らかく滑らか
吸水性
(4.0 / 5.0)
薄くてもしっかり吸い取る
速乾性
(4.0 / 5.0)
綿だけど早く乾く!
防臭効果
(4.5 / 5.0)
化繊よりも半日以上臭わない
黄ばみ
(4.0 / 5.0)
50回着ても少ししか変わらない
型崩れ
(4.0 / 5.0)
ヨレは襟以外でちらほら

縮みや型崩れと黄ばみ・汗染みについてはこれから確認していきたいと思います。

とりあえず着用してみて1週間程度の使用感では大満足

sutasuta

特に綿なのに軽い着心地が最大の特徴だと思います。エアリズムの着心地は好きだけど、ワキの臭いが気になる・・・という人におすすめの一着です

sutasuta

the GUNZEを含む、おすすめの綿インナー5つを評価した記事も作成しました。

あわせて読みたい 【自腹購入】口コミで評判の男の綿インナー5選

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

住宅資材メーカーに勤務する30代転勤族サラリーマン。
開発一筋15年。
数字やデータばかりの会社の資料作りにはもう飽き飽き。
主観と感情を多めの記事を発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる