今だけ!amazonで1000ポイントゲットしよう

パッと出してサッとしまえる。外付け折り畳み傘ケースHacobel

どうも、折り畳み傘派のsutasutaです。

私が折り畳み傘を贔屓ひいきする理由は、両手をフリーにできるから。

しかし、便利な折り畳み傘でも不便な点があります。

  1. 使う度にカバンから出し入れするのが面倒
  2. カバンの中で迷子になる
  3. カバンの中で圧迫されて壊れてしまうおそれがある
sutasuta

そんな悩みを解消する折り畳み傘用の収納ケース「hacobel(ハコベル)」を見つけたので紹介します。

クリックできる目次

カバンの外に付けられる折りたたみ傘ケースhacobel(ハコベル)

hacobel(ハコベル)は㈱マーナが販売する折り畳み傘用の収納ケース。

㈱マーナはD&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんが手掛ける60visionの参加ブランドとして有名ですね。

sutasuta

我が家のお風呂のイスと桶はマーナ製です。

hacobelの特徴はなんと言っても、カバンの外につけられること。

カバンの外についているので、しっとりと濡れた傘ケースでカバンの中を濡らしたり、カバンから傘を探す手間のストレスから解放されました (^◇^)

hacobel(ハコベル)には3つのタイプがあります

hacobelは用途・ターゲット別に3タイプから選ぶことができます。

①2way Mini

  • 対応の折り畳み傘サイズ22㎝
  • トートバッグやショルダーバッグに取り付けできる2wayストラップ
  • ブラック、グレー、ネイビーの3種類

全長が22㎝と小さめなことに加え、下で紹介する②③のものとストラップと構造が異なり、丸っこいデザイン。色も明るめのグレーがあるなど、女性向けを意識したタイプ

②2way

  • 対応の折り畳み傘サイズ27㎝
  • トートバッグやショルダーバッグに取り付けできる
  • ブラック、ネイビー、ディープブルーの3種類

少し前に購入したmabuというブランドの晴雨兼用日傘にピッタリのサイズだったため、私はこちらを購入しました。

あわせて読みたい 【もう手放せない】超軽量の晴雨兼用の日傘。mabuのSMV-40341レビュー

ブラック×スクエアなデザインで、ビジネスバッグによく馴染なじます。

2Way Biz

  • 対応の折り畳み傘サイズ30㎝
  • トートバッグやショルダーバッグに取り付けできる2wayストラップ
  • ブラック、ネイビーの2種類

②の2Wayと構造はほぼ同じで、一回り大きいタイプ。大きめの折り畳み傘も入る男性向けのもの。

hacobel(ハコベル)の仕様

カバン別の使い心地をレビュー

私が普段利用するリュック、手提げカバン、トートバッグ、キャリーケースにつけた場合を紹介します。

リュックの場合

リュックで使う倍は片紐にhacobelを取り付けます。

リュックで使用する場合の一番のメリットは、傘を出すのにわざわざカバンを下ろす必要が無くなることですね。

sutasuta

ベルトを2つに分割して、向きを変えられるようにしたのが、この商品のミソですね!

この面倒な動作の手間が無くなるは非常にGOODですね。

逆にデメリットを挙げると、こんな感じ。

  • 片紐にhacobeがあると、邪魔に感じる
  • カバンを下すと、hacobelが肩紐の下のほうに滑り落ちてくる

手提げカバンでの使い心地

hacobelは手提げカバンでの使用が、もっともおすすめです。

リュックやトートバッグ、ショルダーバッグの肩紐ではhacobelをしっかりとは固定できないんですよね。ふとした瞬間にhacobelが動いてしまうのが難点でした。

その点、手提げカバンのハンドル部分だとしっかりとhacobelが固定されます。

sutasuta

特に薄い手提げカバンだと、容量も増えて便利です。

トートバッグに取り付け

大きめのトートバッグに取り付けて使用しています。

前項では、「薄いカバンに外付けすることで、容量を増やすことができる!」と、説明しましたが、大容量のカバンでも外付けすることによるメリットがあります。

それが、カバンの中で傘が迷子にならないこと。

大容量がゆえに、中に色々とモノを入れてしまい、小さいものは見つけるのに一苦労。しかし外付けのケースにいれることで、傘の出し入れをスムーズにすることができます。

キャリーバッグに取り付け

意外と使い勝手がよかったのが、キャリーバッグでhacobelの使用。

キャリーバッグを持って移動しているときに、傘は想像以上に邪魔なんですよね。

出張や旅行ではただでさえ荷物が多くなりがちなので、ャリーバッグのどこかに傘を引っ掛けられないとと思うのですが、そんな都合の良い場所はありませんでした。

しかしhacobelならば上写真のように引っ掛けられるので、傘が移動の邪魔になりませんね。

まとめ

  • hacobelは折りたたみ傘の不便な点である、カバンからの出し入れの面倒さを解消してくれるアイテム
  • いろいろなカバンに取り付け可能だが、一番おススメなのは手提げカバン
  • 外付けできるので、小さいカバンの場合は、収納容量が増えて便利
  • 大きいカバンの場合にも、カバンの中で傘が迷子にならない
  • 旅行や出張などの荷物が多くなるときにも効果を発揮

折りたたみ傘ケースとしての役割だけでなく、プラスアルファの魅力を詰め込んだ、画期的な商品でした

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

住宅資材メーカーに勤務する30代転勤族サラリーマン。
開発一筋15年。
数字やデータばかりの会社の資料作りにはもう飽き飽き。
主観と感情を多めの記事を発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる