amazonでちょっと安く買い物する方法

【5000円前後】高すぎない安すぎない。ちょうどイイ自転車通勤用レインウェア(男性向け)

グッズ・小物
この記事の内容
  1. 男性向け自転車通勤用レインウェアを紹介
  2. 安心の国内ブランドのみ厳選
  3. 4000~6000円台の「丁度いい」価格

自転車通勤する男子諸君。

コンビニや100均で売っている1000円程度のカッパは心もとない。かといって、数万円もするアウトドアブランドのものは要らない。

そんな風に考えてませんか?

そんな方のために、5000円付近のちょっとイイ感じのレインウェアをまとめたので、紹介します。

商品名メーカー価格(定価)耐水圧透湿度止水ファスナー臀部無縫製丈長リフレクターバイザーストレッチベンチレーション特記事項
ピラルク レインシェイカーカジメイク4380円10000mm5000g/m2・24h回転フード、後付けバイザー、バックパック対応
アジャストマック バックインMakku3820円10000mm2000g/m2・24hバックパック対応

レインスーツSTRETCH Perfect
ワークマン4900円10000mm8000g/m2・24h人気のAESISブランド

アディ
リプナー6380円非掲載非掲載△(幅広フラップ)バックパック対応、クリアフード

トリガー
リプナー6380円10000mm5000g/m2・24hべとつきにくい生地裏エンボス
ベルグテックアクアブロックミズノ6490円
(ジャケットのみ)
15000mm10000g/m2・24h高機能な上に、街でも使えるデザイン性

自転車通勤用レインウェアの選び方

用途によって必要な機能は違うよ

登山用、釣り用、ロードバイク用、工事現場用・・・一口ひとくちにレインウェアと言っても、使うシーンはいっぱいありますよね。

でもレインウェアは「機能」を持った服。使用用途に応じて、求められる性能や形状が違います。

そこで、おすすめ商品を紹介する前に、「自転車で通勤・通学する男性向け」のレインウェアの選び方のポイント説明します

sutasuta
sutasuta

先におすすめ商品を見たい方はこちらをクリック!

自転車用レインウェアのチェックポイント

ウェアの形状

上下セットアップ、裾が長いものがおすすめ

まずはレインウェアの形状について、簡単に説明します。

ポンチョより、上下セットアップ

自転車でレインウェアを選ぶ際は、ポンチョより上下セットアップがおすすめです。

上下セットがおすすめの理由
  • 雨は下からも襲ってくる
  • 風にあおられにくい

自転車で濡れた道路を走ると、回転するタイヤを伝って水しぶきが下からも襲ってきます

泥除けがない、スポーツタイプの自転車に乗っているならなおさらです。

またポンチョは風にあおられやすいので危険。

車が横を通り過ぎる際、空気が車道側に流れ込みます。ヒラヒラしたポンチョは風の影響を受けやすく、車が通る度にふらついてしまいます。

sutasuta
sutasuta

ポンチョは気軽に着れるメリットはありますが、やはり濡れない&安全性の方が優先!

裾の丈がちょっと長い

大きな問題でなりませんが(;^ω^)

クロスやロードといったスポーツタイプの自転車は前傾姿勢で座るため、普通のレインウェアでは腰の部分が濡れてしまうことがあります。

そのためスポーツバイクに乗っている人は裾が長くなっているジャケットがおすすめ。腰の部分を気にしなくて良くなります。

逆にロングコートのように、丈が長すぎるとペダルを漕ぎにくくなるので、長くても膝上15㎝くらいまでにしたほうが良いですよ。

ストレッチ性

ストレッチ性のある素材だと自転車が漕ぎやすく快適。

その替わり、すこし重くなってしまうので、持ち運びする方は軽量性を重視したほうが使いやすい。

防水性

レインウェアは身体を濡らさないためにあるのだ

レインウェアの防水性を評価するうえで、ポイントになるのは「生地が水を通さないか」「縫い目から水を通さないか」の2点。

この2点はどこを見ればよいのか?簡単に説明します。

生地自体が水を通さないかは「耐水圧」をチェック

まず、1点目の「生地が水を通さないか?」は耐水圧をチェックしましょう。

耐水圧とは

耐水圧とは生地がどれくらいの水圧に耐えられるか?を示す性能値。

例えば耐水圧10,000㎜であれば、生地の上に1㎝四方の柱を立て、柱の中に10,000mm(10m)まで水を注いでも生地が水を通さないということになります。

自転車通勤用のレインウェアでは、具体的にどのくらいの耐水圧が必要なの?

sutasuta
sutasuta

耐水圧10,000mmあれば、大雨でも安心です。

そんな10,000mm(10m)もの圧力がかかることある?性能高すぎじゃない?

sutasuta
sutasuta

上で説明した耐水圧はあくまでも「静止した水」の圧力

実際には「雨の落下速度」「風の強さ」「自転車のスピード」などの、加速度をともなった衝撃がかかります。

これらの条件を踏まえたうえでの耐水圧10,000㎜なんです。

通勤・通学で使う自転車用のレインウェアは耐水圧10000㎜あると安心
耐水圧は10000㎜あると安心(*’ω’*)

参照 耐水圧・透湿性って一体何?合羽を選ぶ前に知らなきゃ絶対損

耐水圧10,000mmであれば、降水量30~50mm程度の激しい雨でも耐えられます。

「降水量30~50mmってどのくらいだろう?」という方のために動画も貼っておきますね。

1時間雨量予報用語人の受けるイメージ人への影響
10以上20未満やや強い雨ザーザーとフル地面からの跳ね返りで足元がぬれる
20以上30未満強い雨どしゃ降り傘をさしていてもぬれる
30以上50未満激しい雨バケツをひっくり返したように降る傘をさしていてもぬれる
50以上80未満非常に激しい雨滝のように降る傘はまったく役に立たなくなる

参照 雨の強さと振り方(国土交通省 気象庁)

縫い目とファスナーに止水処理されているか

生地自体が防水性が高くても、水は縫い目やファスナーからも侵入してきます。(むしろ、ここから浸水してくることが多い。)

とくに自転車の場合は、風で水が表面を伝ってくるので前面のファスナーやポケットが止水ファスナーになっていることが重要です

そのため、縫い目とファスナーに止水処理がされているかチェックしましょう。

縫い目に止水テープが貼られている

縫い目の止水処理には、生地の裏側(服の内側)に止水テープが貼られているか?をチェックしましょう。

ネットの写真だけだとわかりにくいかもしれませんが、ちゃんとした商品なら商品説明の欄に記載されていることが多いです

ファスナーは金属部分が見えない

止水ファスナーは縫い目だけでなく、ファスナーのかみ合わせの金属が見えません。そのためパッとみてすぐに止水ファスナーが使われているか否か判別できます。

お尻に縫い目が無い

自転車ならではのチェックポイントですが、お尻の部分に縫い目がない方がよいです。

前述の耐水圧は水の重さや雨とぶつかる衝撃の圧力だけではありません。自身の体重による圧力も水が浸み込む原因になりえます。

たとえば体重75㎏であれば、お尻にかかる圧力は2,000㎜~4,000㎜程度。

耐水圧10,000mmの生地であれば問題はありませんが、問題は縫い目です。止水テープ処理があったとしても、十分でない可能性があります。

この問題に配慮して、お尻の部分に縫い目がない商品もあるので、チェックしてみてくださいね。

まぁ自転車に乗る前に、水を拭き取っておけば解決するので、そこまで気にしなくても良いですが(;^ω^)

蒸れにくさ

自転車用レインウェアでは蒸れにくさも重要です。とくに20分以上乗る人。

自転車はジョギングと同程度以上のカロリーを消費する運動。効率よく、レインウェア内の蒸れを外に逃がせると、気持ちよく着用できます。

透湿度が5000g/m2が目安

まずは透湿度について。

透湿度とは「生地1㎡あたり、24時間で何gの水分を透過した(外に出す)か」を示した数値。

自転車では、具体的にどのくらいの透湿度が必要なの?

この疑問に答えるためには、「人はどのくらい汗をかくのか?」を知る必要があります。

人が汗をかく量
状態1時間当たり24時間換算
安静時約50g1,200g
軽い運動約500g12,000g
ランニングなど約1000g24,000g

自転車は「軽い運動」に近いため、本来は12,000gの透湿度が望ましい。でも、あの有名なGORE-TEXゴアテックスでも透湿度は13,500g。

でもGORE-TEX素材のレインウェアなど、2~30,000円程度します。5000円程度で買える素材ではありません。

そのため相場を知る必要があります。5000円程度のレインウェアの透湿度は一般的に5000g。これを目安に選びましょう。

この辺りの事情も踏まえて、ワークマンのQ&Aでも「透湿度は最低でも5000g、可能なら8,000gのものをえらんでください」と記載されています。

参照 透湿性とはなんですか(ワークマンQ&Aより)

ベンチレーション

蒸れは生地の透湿度だけでなく、ベンチレーションがあるものを選ぶことで軽減することもできます。

ベンチレーションとは空気の抜け道。自転車用のウェアでは背中にある事が多く、大面積で効率よく換気することができます。(リュック派の人には、少し効果が薄まりますが)

服の内側の素材

ムレが不快に感じる原因の一つに、肌にレインウェアがベタッと張り付くという点が挙げられます。

これを軽減するために、内側にメッシュをあしらった商品が多くあります。

たしかに、メッシュ生地は肌にベタッと張り付く問題は軽減できるのですが、レインウェアを脱ぎ着すると時に邪魔になるというデメリットもあります。

メッシュを使わずに生地の裏に凸凹をつけることで、べたつきを軽減する商品もありますので、ぜひチェックしてみてください。

sutasuta
sutasuta

20分以上 自転車を漕ぐ場合はムレ対策も忘れずに!

安全性

リフレクター

雨の日は視界が悪くなります。それは車側も同じ。

早朝や夜に自転車に乗る方はリフレクター(反射素材)があるレインウェアがおすすめてす。

バイザー

あなたがメガネをかけているならば、透明なレインバイザー付きがおすすめです。

メガネに水滴がつくと前が見えなくて、非常に危険。

レインバイザーを別で購入してもよいかもしれませんが、あると無いでは大違いなのでおすすめです。

sutasuta
sutasuta

別売りのモノを買っても良いですよ。

おすすめの自転車通勤用レインウェア

説明が長くなりましたが、いよいよおすすめの商品を紹介していきますね。

商品名メーカー価格(定価)耐水圧透湿度止水ファスナー臀部無縫製丈長リフレクターバイザーストレッチベンチレーション特記事項
ピラルク レインシェイカーカジメイク4380円10000mm5000g/m2・24h回転フード、後付けバイザー、バックパック対応
アジャストマック バックインMakku3820円10000mm2000g/m2・24hバックパック対応

レインスーツSTRETCH Perfect
ワークマン4900円10000mm8000g/m2・24h人気のAESISブランド

アディ
リプナー6380円非掲載非掲載△(幅広フラップ)バックパック対応、クリアフード

トリガー
リプナー6380円10000mm5000g/m2・24hべとつきにくい生地裏エンボス
ベルグテックアクアブロックミズノ6490円
(ジャケットのみ)
15000mm10000g/m2・24h高機能な上に、街でも使えるデザイン性

ピラルクレインシェイカー(カジメイク)

引用元:カジメイク
メーカーカジメイク
商品名ピラルク レインシェイカー
価格(定価)4380円
耐水圧10000mm
透湿度5000g/m2・24h
止水ファスナー
臀部無縫製
丈長
リフレクター
バイザー
ストレッチ
ベンチレーション
特記事項回転フード
後付けバイザー
バックパック対応
※価格は定価です。実売価格は各種リンク先で確認ください

私の一番のおすすめ商品はピラルク レインシェイカー。クラウドファンディングで1300人から550万円(目標の5倍!)の支持をあつめた人気の商品です。

そんなにも多くの支持を集めたこの商品の最大の特徴は回転フード

回転フード?何それ?

「車がきてないかな」と後ろを振り向いたとき、レインウェアのフードが邪魔で視界が遮ぎられたことはありませんか?

後ろから車が迫っていることに気づかず、ヒヤッとしますよね。

でもピラルク レインシェイカーであれば、この問題を払拭してくれます。

なぜならフードも首の動きと一緒に回転してくれるから。視界が遮られず難なく後方確認することができます。

またメガネユーザーに嬉しいレインバイザーも標準装備。着脱可能なので、裸眼の人は取り外して使用することもできます。

さらに、完全に雨をシャットアウトしたい人向けに大型バイザー(別売り)もありますよ。

引用元:amazon 商品ページより

自転車用レインウェアの基本性能もしっかりと抑えたうえで、回転フードと着脱バイザーで安全性にも配慮したピラルクレインシェイカー。おすすめです!

\リュック対応タイプ/
\別売りバイザー/

レインスーツSTRETCH Perfect(ワークマン)

引用元:ワークマン公式HPより
メーカーワークマン
商品名レインスーツSTRETCH Perfect
価格(定価)4900円
耐水圧10000mm
透湿度8000g/m2・24h
止水ファスナー
臀部無縫製
丈長
リフレクター
バイザー
ストレッチ
ベンチレーション
特記事項人気のAESISブランド

「コスパが良いウェア」では欠かせないブランドとなったワークマンから、レインスーツSTRETCH Perfectストレッチパーフェクト

この商品はSNS等の口コミでも人気のAIGESイージスシリーズ。

ワークマンらしい細身でカッコイイデザインに目がいってしまいますが、一番の魅力は透湿度の高さ

sutasuta
sutasuta

5000円付近の商品で、8000g/m2/24hはワークマン以外には見つけることができませんでした。

生地自体の透湿度が高いため、裏地にメッシュは使われていません。

夏場に半袖だと生地が肌と直接触れてベタつき不快」というデメリットもありますが、メッシュが無い分、軽量&ストレッチという代え難いメリットもあります。

引用元:ワークマン公式HPよ

スリムなシルエットは空気抵抗を軽減し、隣を走る車の風圧によろめきにくいというメリットもあります。

sutasuta
sutasuta

「スポーツバイクに乗っている」「20分以上漕ぐ」人向けの商品ですね。

ワークマンには「透湿レインスーツSTRETCH」という似た商品もあるのですが、↑で紹介した「STRETCH Perfect」のほうが、同価格で透湿度も高いのでおすすめです。

アディ(リプナー)

引用元:ロゴス公式HP
メーカーリプナー
商品名トリガー
価格(定価)6380円
耐水圧10000mm
透湿度5000g/m2・24h
止水ファスナー
臀部無縫製
丈長
リフレクター
バイザー
ストレッチ
ベンチレーション
特記事項べとつきにくい生地裏エンボス

LIPNERリプナーは有名アウトドアブランド LOGOSロゴスの姉妹ブランド。

「プロワーカーが使っても安心なワークウェア」をコンセプトに、2018年に立ち上げられました。

そのため、リプナーは高機能な商品が多いのですが、手ごろな価格で雨の日の自転車通勤にもピッタリなアイテムもあるので紹介します。

sutasuta
sutasuta

5000円オーバーしてしまうけど、許してくだされ

1つ目はアディ

この商品の特徴は2つ。「透明クリアフード」と「背面ファスナー」です。

引用元:ロゴス公式HP

透明クリアフードにすることで視野が遮られることがなくなり、斜め後ろから車が迫ってきても気配を察知することができます。

引用元:ロゴス公式HP

透明クリアフードに抵抗がある人のために、ノーマルフードもちゃんと付属されています。

もう一つが「背面ファスナー」。

背中のファスナーを開くことで、リュックも覆うことができ、雨からリュックを守ることができます。

引用元:ロゴス公式HP
sutasuta
sutasuta

パソコンを持ち運ぶ機会も多くなっているので、この機能があると安心ですね

でも、上部のマチが小さいので、大きなリュックだと少し窮屈かも。

アディの気になる点も紹介します。それは防水性・透湿性にすこし不安があること。

普通、耐水圧と透湿度は記載しているものですが、アディにはどこを探しても記載がありません。

加えてフロントファスナーは止水仕様ではなく、ファスナー裏に大きなカバーをつけることで、水の侵入を防ぐ仕様。

正直にいえば、長時間の使用には少々不安が残ります。

防水性・通気性を重視するならば、次に紹介する「トリガー」のほうがおすすめ。

透明クリアフードと背面ファスナーを優先するならば「アディ」がおすすめです(^◇^)

トリガー(リプナー)

引用元:ロゴス公式HP
メーカーリプナー
商品名アディ
価格(定価)6380円
耐水圧非掲載
透湿度非掲載
止水ファスナー△(幅広フラップ)
臀部無縫製
丈長
リフレクター
バイザー
ストレッチ
ベンチレーション
特記事項バックパック対応、クリアフード

おなじくLIPNERリプナーから「トリガー」。

先述のアディよりも「蒸れに強い」という特徴があります。

蒸れ対策1つ目は、背面の通気システム。

引用元:ロゴス公式HP

普通のベンチレーション?

ベンチレーションなのですが、ただのベンチレーションではありません。

通気口が「ふくらみがある3Dメッシュ構造」なので、常に通気している状態キープ。効率よく服内の蒸れを放出してくれます。

引用元:ロゴス公式HP

蒸れにくいだけでなく、裏地に細かな凹凸をつけることで、べたつき軽減にも配慮されており、気持ちよく使用することができます。

引用元:ロゴス公式HP
sutasuta
sutasuta

防水性が高く、蒸れに強い。長時間使用する人向けです。

透明バイザー不要で、防水性・透湿性を重視する人には「トリガー」もおすすめ。

ベルグテックアクアブロック(ミズノ)

引用元:ミズノ公式HP
メーカーミズノ
商品名ベルグテックアクアブロック
価格(定価)6490円(ジャケットのみ)
耐水圧15000mm
透湿度10000g/m2・24h
止水ファスナー
臀部無縫製
丈長
リフレクター
バイザー
ストレッチ
ベンチレーション
特記事項高機能な上に、街でも使えるデザイン性

登山メーカーのレインウェアは3万円超えが当たり前。

しかしミズノのベルグテックEXは、性能もそこそこで価格1.5万円くらいで買えるコスパ抜群として有名な商品。

そんなベルグテックEXをタウンユースとして再設計された商品が「ベルグテック アクアブロック」です。

耐水圧は15000㎜、透湿度は10,000g/m2/24hと、これまで紹介したレインウェアの1.5~2.0倍。ワンランク上の商品です。

引用元:amazonより

いかにも「合羽!」というデザインではないので、日常で使用することができちゃいます。

引用元:amazonより

有名登山ウェアのブランド品に比べて半額程度。

しかもミズノという信頼できるブランドということを考慮すれば、かなりコスパがよい商品と言えますよね。

sutasuta
sutasuta

日常でも使用できるなら紹介した商品の中で、一番安いともいえるかも!

ジャケットのみなので、パンツは別途準備する必要があります。

おすすめ 透湿レインパンツSTRETCH(ワークマン)

まとめ

価格5000円程度で、自転車通勤向けの安心できるブランドの商品をまとめてみました。

「もういちどこの商品見たい」という方は下記の表の写真をクリックすると、商品説明の箇所にジャンプしますので、参考にしてください。

商品名メーカー価格(定価)耐水圧透湿度止水ファスナー臀部無縫製丈長リフレクターバイザーストレッチベンチレーション特記事項
ピラルク レインシェイカーカジメイク4380円10000mm5000g/m2・24h回転フード、後付けバイザー、バックパック対応
アジャストマック バックインMakku3820円10000mm2000g/m2・24hバックパック対応

レインスーツSTRETCH Perfect
ワークマン4900円10000mm8000g/m2・24h人気のAESISブランド

アディ
リプナー6380円非掲載非掲載△(幅広フラップ)バックパック対応、クリアフード

トリガー
リプナー6380円10000mm5000g/m2・24hべとつきにくい生地裏エンボス
ベルグテックアクアブロックミズノ6490円
(ジャケットのみ)
15000mm10000g/m2・24h高機能な上に、街でも使えるデザイン性
Amazonでちょっとお得にお買い物
amazonでお買い物する人は【ギフト券チャージ】がおすすめ。 ちょっとひと手間かけるだけで、最大2.5%のポイントを入手することができちゃいます。 やった人だけが得をする。 みんなでお得にお買い物しちゃいましょ。
グッズ・小物
スポンサーリンク
スタスタNOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました