今だけ!amazonで1000ポイントゲットしよう

【細マッチョになりたい!】筋トレ+有酸素運動ダイエットにおすすめプロテイン

本記事は有酸素運動でダイエットに励む人向けの「はじめてのプロテイン選び」の記事です。

プロテインの記事はほとんどが筋肥大におすすめの物ばかり。「有酸素運動でダイエット」にフォーカスして、プロテインの必要性・選び方・おすすめ品をまとめました。

sutasuta
sutasuta

有酸素運動で半年で5kgの減量に成功したsutasutaです。

半年で5㎏だけ!?

と、思われますよね?おっしゃる通り。私はこれまで効率悪いダイエットをしてきました。

特に「失敗したなぁ」と思っていることが筋トレをしていなかったこと

ダイエットを始める前はなぜか「痩せたら筋肉ムキムキになれる」という謎の誤解をしていたんですよね。

理想の自分の姿(細マッチョね)になるためには筋トレは必須。これに気づくのに3か月もかかっちゃいました。

sutasuta
sutasuta

細マッチョりたい人は有酸素運動前に筋トレ!そして、有酸素運動後にはプロテイン!!

私のように遠回りしないために、筋トレ+有酸素運動でダイエットする人におすすめのプロテインとその選び方を紹介したいと思います。

ブランド ザバス ザバス DNS
商品名 ホエイプロテイン100 アクアホエイプロテイン100 ホエイプロテイン100
コスト
飲みやすさ
タンパク質含有量
ビタミン ×
どんな人におすすめ バランス・コスパ重視 牛乳が苦手 のみやすさ+筋トレ効果を高めたい
クリックできる目次

プロテインが必要な理由

筋肉の修復を早める

筋トレや運動をすると、筋肉が破壊された状態になります。

その破壊された筋肉を修復するためにはタンパク質が必要です。しかしタンパク質が不足していると、自分の筋肉を分解してエネルギーを補充しようとします。

つまりタンパク質が足りていない状態で、筋トレしても筋肉はつかない。ということになります。

sutasuta
sutasuta

せっかくの努力がムダになるのは、やりきれん・・・

有酸素運動は筋肉が落ちる

有酸素運動は筋肉が落ちる

これを聞いたときは初心者の私は「運動してんのに、筋肉減るの!?」と目を疑いました。

本当かどうか実際に調べて見ると「糖が枯渇した状態」で有酸素運動をおこなうと、確かに筋肉が落ちるそうです。

脂肪を燃焼させるのには、悪名高い「糖」も必要とのこと。

この「糖」が枯渇していると、 筋肉(タンパク質)が脂肪燃焼に使用されてしまいます。つまり筋肉が落ちてしまうんです。

しかし心配する必要はありません。

運動後に糖とタンパク質をしっかりと摂取すれば、筋肉は再合成されます。

sutasuta
sutasuta

「糖とタンパク質をしっかりと摂取」つまりプロテインですね。

有酸素運動後におすすめの初心者用プロテインの選び方

【安全性】安心な国産を選ぼう

口にいれるものなので、よくわからない海外製のものはやっぱり怖い。

ガッチガチのアスリートではない私を含めた初心者の人は安心安全の国産製を選びましょう。

「国産だって絶対安全とは言い切れない。思考停止だ!」と言われようが、やっぱりこればかりは少しでもリスク低いほうが良いよね!

【種類の違い】ホエイ一択!

お次はプロテインの種類の違い。

プロテインには3つの種類があります。

素材吸収スピード摂取のタイミング
ホエイ牛乳早い運動直後
カゼイン牛乳遅い就寝前
ソイ大豆遅い日々の食事
sutasuta
sutasuta

筋トレ+有酸素運動後のタンパク質の補給には、吸収速度の速いホエイを選びましょう

【形状の違い】やっぱり粉末がおすすめ

プロテインにはいろいろな形があります。

  • 粉末
  • ドリンク
  • ゼリー
  • タブレット
  • プロテインバー

運動後のタンパク質の補給が目的なので、重要なのは吸収スピード

吸収スピードを考慮するとおのずと粉末・ドリンク・ゼリーのいずれかを選択することになります。

sutasuta
sutasuta

コスパで考えれば粉末一択!

パウダー、ドリンク、ゼリーの違いによるコスト比較については後述の「価格」します。

【飲みやすさ】昔より飲みやすくなったが・・・

粉末をミルクで溶かすのはNG

粉末タイプは「水」で溶かすか「ミルク」で溶かすのいずれかを選べます。

それぞれの特徴は下記の通り。

  • 余計なカロリーを摂らなくて済む
  • 吸収が早い
  • コストが少なくて済む
  • 飲みにくい
ミルク
  • 飲みやすい
  • 吸収が遅い
  • 余計なカロリーを摂ってしまう
  • コスト高となる
  • ミルクでお腹を下す人には不向き

メリットデメリットあるのですが、結論を言うとミルク割は運動後のタンパク質補給には不向き

ミルクで割ってしまうと折角のホエイプロテインの特徴である「吸収速度」が損なわれてしてしまうんです。

sutasuta
sutasuta

運動後のタンパク質補給のためのプロテインは水で割って飲みましょう

間食であればミルクもOKです。

乳糖でお腹を壊す人はWPI製法のものを選ぼう

WPIとはホエイプロテインから「乳糖」をフィルターして取り除いた処理をされたプロテインです。

乳糖がないと牛乳のニオイが苦手な人も飲みやすくなります。

しかし加工の手間がかかっている分、少しコスト高めになってしまいます。

sutasuta
sutasuta

WPIの商品には「WPI」という表示の他に、「アイソレート」「乳糖不使用」とか「水だけでも飲みやすい」みたいな表記がありますよ。

ドリンク、ゼリータイプは特に飲みやすい

パウダーが「飲みにくい」という人は、ドリンクタイプかゼリータイプがおすすめ。

こちらも粉末タイプに比べ、コスト高めになってしまうのがデメリットですが、 もはやジュースかと思うレベルの飲みやすさです。

sutasuta
sutasuta

最初はドリンクのほうが抵抗なく始められると思います。

味は飲み比べして、自分に合うものを

定番のフレーバーを書き出してみます

  • ココア
  • ヨーグルト
  • フルーツ
  • バニラ
  • ベリー
  • ミルク

ザバスのドリンクタイプには飲み比べセットなどもあるので、自分にあった味をチェックしてみましょう。

口コミを見ていると、ココア味やチョコレートが一番人気な場合が多いですが、ミルクで溶かした場合が多いです。

しかし、これらの味は水で溶かした場合に薄めに感じてしまう場合もあるので、個人的には酸味があってスッキリした飲み口のフルーツ系のほうが好み。

sutasuta
sutasuta

こればかりは個人の好み。いろいろ試してみるしかありません

【価格】最初はコスパ重視

形状の違いで比較

パウダー、ドリンク、ゼリータイプでどれが一番コスパが良いのか調べて見ました。

1杯の容量 1杯あたりの
タンパク質
1杯あたりの
価格
タンパク質1g
あたりの価格
カロリー
パウダー
(ミルク割り)
300ml 28.65g 160円 5.6円 227kcal
パウダー
(水割り)
300ml 16.8g 80円 4.8円 83kcal
ドリンク 430ml 15g 170円 11.3円 100kcal
ゼリー 180g 5.5g 300円 54.5円 50kcal

※明治のザバスシリーズで比較

他の飲み方に比べてパウダー(水割)は圧倒的に低コストだということがわかりますね。

sutasuta
sutasuta

コンビニに売ってるドリンクタイプのプロテインは手軽で飲みやすくて良いとは思うのですが、長い目でみれば粉末のほうが半分ほどの金額で済みます。

ただし、粉末を溶かすための「シェイカー」は必要になります。

ぶっちゃけ何でも良いとおもいます。

価格は1杯分の価格で比較する

プロテインは商品によって、1㎏だったり840gといったり、いろいろなサイズのものがあります。

さらに1杯のプロテインのドリンクを作るのに推奨されるグラムも商品によってまちまち。

1杯あたりの価格(商品価格÷何杯つくれるか)で比較しましょう。

高いプロテインは何が違う?

プロテインをいろいろ調べていると、スタンダードなプロテインに比べ、倍以上の価格のものがゴロゴロあります。

深く解説はしませんが、高い商品は下記のような特徴があります

  • WPI製法
  • タンパク質含有率が高い
  • BCAA(必須アミノ酸 ※ロイシンなど)が入っている
  • HMBが入っている
  • グルタミンが入っている

有酸素運動ダイエット用のプロテインとしては、とくに考慮する必要はないかと思います。

有酸素運動後におすすめのプロテイン

SAVAS (ザバス)ホエイプロテイン100

ブランド ザバス
商品 ホエイプロテイン100
ココア
価格 4000円
容量 1050g
1食の量 21g
50食分(80円/食)
たんぱく質 15g(5.3円/g)
たんぱく質含有率 0.71
エネルギー 83kcal
脂質 1.3g
炭水化物 2.7g

定番オブ定番 ザバスのホエイプロテイン100!

ザバスはドリンクタイプがコンビニでも売っているので、筋トレしていない人でも知っている人は多いかと思います。

この商品の特徴はコスパの良さ。日本ブランドの同価格帯商品を一つづつ比較してみるとわかります。

「1食分の価格」「タンパク質1gあたりの価格」ともに高レベル。

さらに代謝や脂肪の燃焼をサポートしてくれる7種ビタミンも含まれています。

sutasuta
sutasuta

全体的にバランスがとれているうえに、コスパにも優れたプロテイン初めにピッタリです。

アクアホエイプロテイン100+クエン酸

ブランド ザバス
商品 ホエイプロテイン100+クエン酸
グレープフルーツ
価格 5150円
容量 840g
1食の量 21g
40食分(130円/食)
たんぱく質 14.1g(9.2円/g)
たんぱく質含有率 0.67
エネルギー 78kcal
脂質 0g
炭水化物 5.7g

牛乳でお腹がゴロゴロする人はザバスのアクアホエイプロテイン100+クエン酸

こちらは前項で紹介した「乳糖を除去するWPI製法」で作られたプロテインです。

その特徴はなんてったってその飲みやすさ!

  • スポーツドリンクみたいに飲みやすい」
  • 「後味もスッキリ。プロテインのトラウマを払拭してくれた。」
  • 「プロテインにあるまじき飲みやすさ」

といった、これだったら継続して飲み続けられる!という絶賛のレビューが多数あります。

sutasuta
sutasuta

乳糖でお腹がゴロゴロする人はもちろん、ココア味などの甘いものが苦手な人にもおすすめ

DNS(ディーエヌエス)DNS

ブランド DNS
商品 ホエイ 100
チョコレート
価格 3900円
容量 1050g
1食の量 35g
30食分(130円/食)
たんぱく質 24.2g
たんぱく質含有率 0.69
エネルギー 142kcal
脂質 2.9g
炭水化物 4.7g

DNSはサプリメント・プロテイン専門の国内ブランド。

その特徴は「水でも飲みやすい」「タンパク質含有量が多い」の2点。

明治や森永製菓と菓子メーカーをさしおいて、 飲みやすさを絶賛するレビューであふれかえってます。

ザバスのアクアプロテインよりもタンパク質含有量が多いので、より多くのタンパク質を摂取したいという人におすすめ。

sutasuta
sutasuta

ビタミンが入っていないので、別途サプリやなどがあるとさらに良し。

最初はこの3つの中から選べば間違いありません。

イメージ
ブランド ザバス ザバス DNS
商品 ホエイプロテイン100 アクアホエイプロテイン100 ホエイ 100
ココア グレープフルーツ チョコレート
価格 4000円 5150円 3900円
容量 1050g 840g 1050g
1食の量 21g 21g 35g
50食分(80円/食) 40食分(130円/食) 30食分(130円/食)
たんぱく質 15g(5.3円/g) 14.1g(9.2円/g) 24.2g
たんぱく質含有率 0.71 0.67 0.69
エネルギー 83kcal 78kcal 142kcal
脂質 1.3g 0g 2.9g
炭水化物(糖) 2.7g 5.7g 4.7g

まとめ

最後に本記事の内容をまとめます!

有酸素運動だけではただ痩せるだけ。筋トレもするとカッコよく痩せれる。

しかし有酸素運動は筋肉も分解してしまうので、プロテインでタンパク質を補給することが重要

有酸素運動ダイエットにおすすめのプロテイン
  • 国産メーカー
  • 吸収性の良い「ホエイ」を選ぶ
  • 飲みにくいが、粉末タイプがコスパが良い
  • ミルクは吸収速度が悪くなるので、水に溶かして飲む
  • 「1食分」の価格で比較する

比較表は数字だけじゃわかりにくいとおもうので、その特徴を◎、〇、△、×でまとめてみました。

ブランド ザバス ザバス DNS
商品名 ホエイプロテイン100 アクアホエイプロテイン100 ホエイプロテイン100
コスト
飲みやすさ
タンパク質含有量
ビタミン ×
どんな人におすすめ バランス・コスパ重視 牛乳が苦手 のみやすさ+筋トレ効果を高めたい
sutasuta
sutasuta

やっぱりバランスに優れた「ザバス ホエイプロテイン100」がおすすめですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

住宅資材メーカーに勤務する30代転勤族サラリーマン。
開発一筋15年。
数字やデータばかりの会社の資料作りにはもう飽き飽き。
主観と感情を多めの記事を発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる