今だけ!amazonで1000ポイントゲットしよう

【安くてイイもの=最強!】厳選した人気の格安二段ベッドを紹介する

この生地の内容
本記事ではコスパが良い海外生産の二段ベッドを紹介します。
「安い物は品質が悪くないか心配・・・」
そんなあなたのために木材製品の開発を15年以上務める筆者が、おすすめ商品をピックアップしました。

ウッドショックの影響で人気の二段ベッドが品薄の状態が続いています。当面は品薄の状態が続くので、気に入った商品を見つけたら早めの購入をおすすめします。


安くて良い物が大好き、全身ユニクロのsutasutaスタスタです。

2人の娘のために二段ベッドを購入予定で、ネット通販系から実店舗系の商品をとことん調べました。

「出来れば安く買いたい・・・」とは思いつつも、海外生産の安い商品は品質が心配。二段ベッドのように、子どもの安全に関わるもの場合はなおさらですよね。

そこで木材関連製品の設計・開発を15年務めている私が「これはイイ」と思った商品を紹介したいと思います。

商品価格外寸内寸材料耐荷重リンク
KUSKUS72656円幅108㎝
長さ206㎝
139㎝
幅97.5㎝
長さ199㎝
本体:ヒノキ
スノコ:ヒノキ
300㎏詳細を見る
現役ママが考えた2段ベッド69800円幅105㎝
長さ210㎝
134.5㎝
幅98㎝
長さ196㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
500kg詳細を見る
Freri33800円幅102㎝
長さ202㎝
144㎝
幅97㎝
長さ197.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
300kg詳細を見る
LOWYA49990円幅109㎝
長さ201.5㎝
127.5㎝
幅98㎝
長さ196.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
90kg詳細を見る
ModernDeco44990円 幅117.5㎝
長さ209.6㎝
155㎝
幅98㎝
長さ198㎝
本体:パイン
スノコ:合板
700kg詳細を見る
価格は2020年9月時点のもの。実勢価格はリンク先でご確認ください。
クリックできる目次

二段ベッドの選び方

おすすめ商品を紹介するまえに『二段ベッドの選び方』について解説します。

先におすすめ商品を見たい方はこちらをクリック

サイズ

この記事で紹介するのはシングルサイズの2段ベッドです。

シングルサイズは幅90~100㎝、長さ195㎝で、体格の良い成人男性でも問題なく寝れる大きさ。

幅や長さが一回り小さいコンパクトなサイズの2段ベッドもありますが、こちらは身長が170㎝を超える少々窮屈に感じてしまうかもしれません。

そのため男の子が使う場合はシングルサイズを選んだほうが無難です。

もしお子さんが女の子の姉妹の場合はコンパクトサイズの2段ベッドもぜひ検討してみてください。

詳細はこちら 【4.5畳でもOK】コンパクトサイズのおすすめ2段ベッド

2段ベッドは140㎝以下のロータイプのものがおすすめです。

140㎝以下がおすすめの理由
  • 部屋が狭く感じにくい
  • 子どもの寝顔が見れる
  • 上り下りしやすい
  • シーツを交換しやすい
  • 上下の温度差が少ない

特にマンション暮らしの人は、部屋の広さ・天井の高さも狭くなりがち。(我が家も含め)

そのため私はロータイプを猛プッシュしており、本記事で紹介するのもすべて140㎝以下の商品です

2段ベッドのチェックポイント
大きさ以外では「柵の高さ」と「下段の高さ」をチェック

上段の柵の高さはマットレス上端から20㎝以上あると安心です。

安全な商品の証であるSG(セーフティグッズ)の規格より抜粋

もし気に入った商品の柵の高さが低い場合は転落防止ガードを利用するというのも手ですよ。

ロータイプのベッドは下段の空間が狭くなりがちですが、個人的には「75㎝あると使用しやすい」と考えています。

その理由は10才児の座高が75㎝ほどのため。

身を屈めずにベッドに腰をかけられ、窮屈に感じにくくなります。

下段の床板の高さを調整できる商品もあるので、チェックしてみてください。

材質

本記事は海外で生産された二段ベッドを紹介する記事ですが、国産の2段ベッドとの違いも簡単に説明します。

国内生産と海外生産の一番の違いは「材料」です。

2段ベッドの国産と海外製の違い
国内製は安全で高耐久。海外製はリーズナブル

フレームは「国内生産はヒノキ」「海外生産はパイン」であることが一般的です。

ヒノキは世界最古の木造建築である法隆寺でも使用されており、高耐久で腐食しにくい材料として有名です。

一方、パインは変形しやすいというデメリットはあるものの、見た目が美しいのにリーズナブルなため人気があります。

何十年と使い続けるのであればヒノキ。子供が成長するまでの20年弱の使用であればパインという選択がおすすめです。

スノコの材質も国内生産と海外生産で異なります。

一般的には、国内生産のスノコは「桐」か「ヒノキ」で、海外製の場合は「LVL」か「パイン」です。

LVLとは薄く剥いだ木材を何層も重ね合わせたもの

スノコで重要なのは『カビにくさ』。この点でも国内生産の「桐」と「ヒノキ」のほうが優れています。

カビは一度 発生したら除去することは困難です。

桐やヒノキでもカビは発生しますが、「LVL」や「パイン材」のスノコの場合は、より入念にカビ対策をおこないましょう。

カビ対策
  • 毎朝 窓を開け換気する
  • 2日に1回は布団を畳む or 立てかける
  • 除湿シートを使用する
  • 敷パッドを使用する

塗料でチェックしたいポイントは3つあります。

  1. F☆☆☆☆
  2. 水性塗料かラッカー塗装か
  3. 口コミ

F☆☆☆☆はシックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」の放散量を示すものです。ホルムアルデヒドはF☆☆☆☆の表示があればまず問題ありません

しかしニオイの原因はホルムアルデヒドのみではなく、トルエンやキシレンといった有機溶剤も原因となります。

海外製品は海上輸送のコンテナで運ばれます。コンテナ内は高温多湿で、木材にとっても過酷な環境。

そのため海外製品は安価で高耐久な有機溶剤を用いた塗料(ラッカー)がつかわれます。

ラッカーの一番のデメリットはニオイ。十分に乾燥させないとシンナーのツンとした臭いが残ります。

人もニオイに敏感。臭い場合は必ず低評価レビューがつきます。

海外製2段ベッドを購入する場合は必ず口コミをチェックしましょう。

「やっぱり国産の2段ベッドも気になる・・・」という方はこちらの記事もおすすめです。

詳細はこちら 【一生モノ】国産ヒノキ、国内生産のおすすめ2段ベッド

使いやすさ

二段ベッドを長く使うための工夫を紹介します

二段ベッドは上段と下段で分けられるものがほとんど。

たまにデザインに特化した商品で分割できないものもあるので注意しましょう。

ちなみに本記事で紹介する二段ベッドはすべて上下で分割できる商品です。

耐荷重は大きいに越したことはありませんが150㎏以上あると安心です。

上下分割後は、子どもの友だちが遊びに来て、数人乗る場合も想定されます。

二段ベッドはできるだけシンプルなデザインのものがおすすめです。

色はナチュラルもしくはホワイトだと、こどもが成長した後も不平を言われないで済みます。

避けた方がよいデザイン
  • カントリー調
  • メルヘン
  • カラーがある

意外と見落とされがちなポイントが「柵を取り外せるか?」

2段ベッド使用時は転落防止に重要な柵ですが、子どもが成長し二段ベッドを上下で分割した後、柵は乗り降りの邪魔になります。

ほとんどの商品は、上下分割後の写真が掲載されています。そこで柵がついているか確認しましょう。

宮棚は枕元の棚のことで、単に「宮」ともいわれます。

スマホや時計にライトを置くのに便利ですが、無くても大丈夫。

最近では無印良品の「壁につけられる家具」などもあるので「あったらラッキー」くらいの感覚でOKです。

おすすめの二段ベッド

商品価格外寸内寸材料耐荷重リンク
KUSKUS72656円幅108㎝
長さ206㎝
139㎝
幅97.5㎝
長さ199㎝
本体:ヒノキ
スノコ:ヒノキ
300㎏詳細を見る
現役ママが考えた2段ベッド69800円幅105㎝
長さ210㎝
134.5㎝
幅98㎝
長さ196㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
500kg詳細を見る
Freri33800円幅102㎝
長さ202㎝
144㎝
幅97㎝
長さ197.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
300kg詳細を見る
LOWYA49990円幅109㎝
長さ201.5㎝
127.5㎝
幅98㎝
長さ196.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
90kg詳細を見る
ModernDeco44990円 幅117.5㎝
長さ209.6㎝
155㎝
幅98㎝
長さ198㎝
本体:パイン
スノコ:合板
700kg詳細を見る
価格は2020年9月時点のもの。実勢価格はリンク先でご確認ください。

KUSKUS(クスクス)

価格(税込み) 72656円
外寸 幅108㎝×長さ206㎝×139㎝
内寸 幅97.5㎝×長さ199㎝
下段の高さ 68㎝(78㎝)
上段の柵の高さ 25㎝
材料(本体) ヒノキ材
材料(スノコ) ヒノキ材
耐荷重 300㎏
塗装 F☆☆☆☆、水性塗料
良い点
気になる点
  • 国産ヒノキを使用
  • 耐荷重300㎏
  • 下段の高さを変えられる
  • パイン材に比べると高価
  • 柱が太いので圧迫感がある
この商品をひと言でいうと

「国産ヒノキ逆輸入」の2段ベッド。

良い点

記事タイトルに反して、いきなり「国産ヒノキ」の商品を紹介します(;^ω^)

KUSKUSクスクスは日本のヒノキを海外で加工した逆輸入の二段ベッドです。

国産ヒノキの二段ベッドは安くても9万円はするものですが、KUSKUSUは2万円も安い7万円程度。(メッチャやすい!)

海外生産といえど、危険な角部はすべて丸く仕上げ、安全にもしっかりと配慮しています。

安い商品は「『ささくれ』でケガをした!」という話もよく聞きます。

しかしKUSKUSはフレームだけでなくスノコまでしっかり面取りしており、「バリ」や「ササクレ」を取り除いてくれています。

これなら服を引っかけて破いたり、顔をぶつけても痛みがやわらぎますよね。

しかも耐荷重は300㎏と十分すぎる強度。

sutasuta
sutasuta

KUSKUSは品質面はバッチリですね

さらに「下段の高さ調整」や「下段の柵の付け外し」が可能で、使う人にあわせて調整が可能なのも魅力のひとつ。

気になる点

ちょっと気になる点は2つ。「やや圧迫感がある」「パイン材と比べると高価」です。

2段ベッドの圧迫感はサイズ・色・柱の太さと本数で決まります。その点、KUSKUSはちょっと柱が太く、存在感があるデザインになっています。

設置する部屋によってはちょっと狭く感じやすいかもしれません。

2点目は価格。

当たり前ですが「海外製」×「パイン材」の2段ベッドと比べるとKUSKUSの価格は高めです。

そのため「国産ヒノキが良いけど、9万円は高すぎる・・・」とお悩みの方がターゲットの商品。

もっとリーズナブルな商品が欲しい!という方は、これ以降に紹介する二段ベッドがおすすめです。

KUSKUSはシングルサイズ以外にも、ひとまわり小さいSSサイズもあります。

詳細はこちら 【4.5畳でもOK】コンパクトサイズの2段ベッドのおすすめ商品

現役ママが考えた二段ベッド

価格(税込み) 69800円
外寸 幅105㎝×長さ210㎝×134.5㎝
内寸 幅98㎝×長さ196㎝
下段の高さ 71.5㎝
上段の柵の高さ 36cm
材料(本体) 北欧パイン
材料(スノコ) LVL
耐荷重 500㎏
塗装 F☆☆☆☆、ラッカー塗装
良い点
気になる点
  • 強度を高める工夫
  • 安全に使える工夫
  • カビの心配あり
  • 見た目がゴロっとしている
この商品をひと言でいうと

子どもの安全」「掃除のしやすさ」といった現役ママならではの工夫にあふれた二段ベッド。

良い点

楽天通販サイト大手の『タンスのゲン』が販売するオリジナル二段ベッド『現役ママが考えた二段ベッド』。

そんな現役ママが考えた工夫の内容は以下の通り。

現役ママの工夫ポイント

  • 高さ36㎝の安全な柵
  • 上り下りしやすいハシゴ
  • 強度を高めるフレーム
  • 宮棚付き
  • ホコリをためない工夫

すべてを紹介すると長くなってしまうので、いくつかピックアップして紹介します。

まずは柵の高さ。

現役ママが考えた二段ベッドは柵の高さが36㎝もあります。一般的な2段ベッドは25㎝ほどなので、10㎝以上も大きくなっています。

sutasuta

これなら厚みのあるマットレスでも安心です

そしてフレームの構造が強固なのも大きな特徴です。

  • 柱が太い
  • スノコ受け桟が厚い
  • すき間を塞ぎ、揺れにくい

そしてハシゴにまで特徴があふれています。

とくに踏み板の幅を変えているのがポイント。前傾姿勢で上り下りできるので安全です。

sutasuta

垂直式と傾斜式のハシゴのイイとこどり

気になる点

ここからはちょっと気になるポイント。

気になるポイント

  • 通気性は大丈夫?
  • ゴロっとしたデザイン

現役ママが考えた二段ベッドは、下段と床の間にすき間が無いため「ほこりが溜まりにくい」とアピールされてます。

しかし見方によっては逆にデメリットともいえます。

その理由は通気性の悪さ。ベッド下に湿気が溜まり、カビの原因になりそう。

sutasuta

部屋の換気や、布団の上げ下げはこまめにやりましょう。

デザインがボテッとしているのも少々気になります。

よく言えばコロッと可愛らしいとも言えるのですが、「柱が太い」「柵が多い」と存在感強め。圧迫感を感じやすいデザインといえます。

しかしあくまで私個人の感覚。「このデザインが好き」という方には大きなデメリットではありません。

Freri(フレーリ)

価格(税込み) 33800円
外寸 幅102㎝×長さ202㎝×144㎝
内寸 幅97㎝×長さ197.5㎝
下段の高さ 80.5㎝
上段の柵の高さ 24.5㎝
材料(本体) 北欧パイン
材料(スノコ) LVL
耐荷重 300㎏
塗装 F☆☆☆☆、ラッカー塗装
良い点
  • 4色から選択可能
  • コスパが良い
気になる点
  • 目立ったウリが無い
良い点
気になる点
  • 4色から選択可能
  • コスパが良い
  • 目立ったウリが無い
この商品をひと言でいうと

4万円以下の商品で一番おすすめ。大きなメリットがあるわけでもないが、目立ったデメリットもない。コスパに優れる商品。

良い点

3万円を下回る2段ベッドはゴロゴロあります。

しかし私は1万円足してでも、こちらのFreriを推します。

一般的に安い商品というものは何かしらデメリットや欠点があり、それを受け入れ、ガマンする必要があります。

しかしFreriにはそれがない。目立った欠点が見当たらないんです。

もちろん重箱の隅をつつけば「下段の調整ができない」「デザインが洗練されてない」というような、言いがかりレベルの指摘はできます。

しかし他3万円以下の商品を見ると「嫌なニオイがする」「上下分割できない」「ささくれが多い」など、そこそこ致命的な欠点があります。

こんなデメリットがあるなら、私は1万円足してFreriを買います。(。-`ω-)

そんなFreriのスペックを簡単に紹介していきたいと思います。

まずは色。4色から選択可能です。

「ナチュラル」と「ライトブラウン」
「ダークブラン」と「ホワイトウォッシュ」

私は断然「ナチュラル」派ですが、インテリアの好みに合わせて色を選ぶことができます。

耐荷重は300㎏と十分すぎる
安全に上り降りできるハシゴ

「安全」についても、しっかりと配慮されており好印象。

気になる点

デメリットが無いのがFreriの良い点だったのですが、逆に目立ったウリがないのが、Freriの欠点か。

他商品は「デザインが超イケてる!」「ヒノキで何十年も使える」「破格の2万円台」と、心を揺さぶる特徴があります。

しかしFreriにはそれが無い。なんか・・・こう。心躍らない。

と、言いつつもそれは親の感想です。

子どもにとったら「二段ベッド」自体がワクワクの塊。いざ届いたら、はしゃぎ倒すことは間違いありません。

LOWYA(ロウヤ)

価格(税込み) 49990円
外寸 幅109㎝×長さ201.5㎝×127.5㎝
内寸 幅98㎝×長さ196.5㎝
下段の高さ 65(85.5)㎝
上段の柵の高さ 20㎝
材料(本体) パイン
材料(スノコ) LVL
耐荷重 90㎏
塗装 ラッカー塗装
良い点
  • 唯一無二のデザイン
  • 圧迫感が少ない
  • 下段の高さ調整
気になる点
  • 加工精度が甘いという口コミも
  • 耐荷重90㎏と低め
良い点
気になる点
  • 唯一無二のデザイン
  • 圧迫感が少ない
  • 下段の高さ調整
  • 加工精度が甘いという口コミも
  • 耐荷重90㎏と低め
この商品をひと言でいうと

4万円以下の商品で一番おすすめ。大きなメリットがあるわけでもないが、目立ったデメリットもない。コスパに優れーロッパの子ども部屋にありそうな「デザイン」と、日本の住宅事情にフィットする「機能」を併せ持つ、唯一無二の二段ベッド。

良い点

家具・インテリアのオンライン販売で人気のLOWYAロウヤ

こちらの二段ベッドの特徴は、なんと言ってもひと目でハートをわしづかみにするデザインですよね。

単色カラーを用いたデザインは好きではなかったのですが、この商品で考えを改めさせられました。(;^ω^)

落ち着いたネイビー色を大胆な配色。

柵ではなくフラットな板の形状

これまでの二段ベッドの常識にとらわれないデザインで、調査した商品の中ではバツグンに心を惹かれました。

生活感が出がちな二段ベッドですが、これならいける

デザインをめっちゃ褒めましたが、正直に言えば他にも二段ベッドらしからぬ心躍るデザインのものもあります。

この「Peepピープ」なんかも他には無いデザインで、ポチッと押したくなってしまいます。

しかし、こういったデザインに特化した商品は「上下で分割できない」「柵が外せない」といった制限つきの場合がほとんど。子どもが小さいうちしか使えません。

しかしLOWYAの二段ベッドはその辺もしっかりと配慮されていて、子どもが成長したあとも使い続けることができます。

sutasuta

上下で分割後も、差し色のネイビーの色が良いアクセント。

気になる点

LOWYAの二段ベッドで気になる点は二つあります

  • 耐荷重が90㎏と低め
  • 加工精度が悪いという口コミが多い

耐荷重は90㎏。ここで紹介している他商品と比べて低い数字です。(ただしパイン材の2段ベッドで耐荷重80~90㎏のものは決して珍しくはありません。)

レビューでグラつきを不安視するものもあるので、L型金具などで補強しても良いかもしれません。

それと口コミで目立つのが「ネジ穴の精度の悪さ」。2020年1月以降の商品から特に目立つようです。(※「木屑が詰まっている」「穴が貫通していない」「位置がずれている」など)

「組み立てられない」というわけ致命的な内容ではないのですが、品質については他商品比べると見劣りしているようです。

この商品のまとめ

LOWYA

高いデザイン性

圧迫感が少ない

耐荷重が小さめ

品質はもうひと頑張り

7

価格

9

デザイン

4

品質

6

使いやすさ

モダンデコ

価格(税込み) 44990円
外寸 幅111.7㎝×長さ209.6㎝×155㎝
内寸 幅98㎝×長さ198㎝
下段の高さ 78.7㎝
上段の柵の高さ 36.8㎝
材料(本体) ホワイトパイン
材料(スノコ) 合板
耐荷重 700㎏
塗装 ラッカー塗装
良い点
気になる点
  • 安心の耐荷重700㎏
  • 上段の柵が高い
  • コンセント付き宮棚
  • 下段に柵がない
  • 全高155㎝と少し圧迫感あり
この商品をひと言でいうと

安全性、実用性、デザイン、価格をバランスよく兼ね備えた誰にでもおススメできる商品

良い点

宮棚付きなので、目覚まし時計やスマホをおくのに便利。

あとからDIYでコンセントを設置したり、無印良品の「壁につけられる家具」を購入するくらいなら、4.5万円という価格はトータルでみれば割安といえそうです。( ´∀`)bグッ!

柵が高いので、まだ子供が小さいうちでも安心して使用できますね。

小学3年の娘はまだまだ寝相が悪いので、このくらいだと安心して使用できそう。

耐荷重が700㎏もあるので、大人が数人が乗ってもまったく問題ありません。

気になる点

あんまりデメリットが見当たらない商品ですが、あえて1点いうならば「下段に柵がない」ので、子どもが慣れるまではもし落下しても大丈夫なようにクッションなどを敷いておいてあげると安心です。

まとめ

商品価格外寸内寸材料耐荷重リンク
KUSKUS72656円幅108㎝
長さ206㎝
139㎝
幅97.5㎝
長さ199㎝
本体:ヒノキ
スノコ:ヒノキ
300㎏詳細を見る
現役ママが考えた2段ベッド69800円幅105㎝
長さ210㎝
134.5㎝
幅98㎝
長さ196㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
500kg詳細を見る
Freri33800円幅102㎝
長さ202㎝
144㎝
幅97㎝
長さ197.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
300kg詳細を見る
LOWYA49990円幅109㎝
長さ201.5㎝
127.5㎝
幅98㎝
長さ196.5㎝
本体:パイン
スノコ:LVL
90kg詳細を見る
ModernDeco44990円 幅117.5㎝
長さ209.6㎝
155㎝
幅98㎝
長さ198㎝
本体:パイン
スノコ:合板
700kg詳細を見る
価格は2020年9月時点のもの。実勢価格はリンク先でご確認ください。

「海外生産」×「シングルサイズ」の二段ベッドのおすすめ商品をまとめてみました。

こんな人におすすめ!まとめ

ちょっと高くてもイイものなら『KUSKUS

安全にこだわるなら『現役ママが考えた2段ベッド

コスパを追求するなら『Freriフレーリ

デザイン重視なら『LOWYAロウヤ

バランス重視なら『モダンデコ

こんな人におすすめ!まとめ

ちょっと高くてもイイものなら『KUSKUS

安全にこだわるなら『現役ママが考えた2段ベッド

コスパを追求するなら『Freriフレーリ

デザイン重視なら『LOWYAロウヤ

バランス重視なら『モダンデコ

こうやって見ると、同じに見える商品でもいろいろと特徴があるのが、わかりますよね。

お子さんにピッタリの二段ベッドが見つかりますように!

sutasutaスタスタでした!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

住宅資材メーカーに勤務する30代転勤族サラリーマン。
開発一筋15年。
数字やデータばかりの会社の資料作りにはもう飽き飽き。
主観と感情を多めの記事を発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる